<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=272593697052428&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

SEOライティングの基本と実践の手順・検索上位を獲得するコツ

2024年01月24日

SEOライティングの基本と実践の手順・検索上位を獲得するコツ
目次

Webサイトに掲載する記事を検索上位に表示させるには、SEOを意識したライティングの技術が求められます。SEOライティングの具体的な実践方法やコツが知りたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

 

今回は、SEOライティングの基本や実践する手順についてわかりやすく解説します。検索上位を獲得するためのSEOライティングのコツも紹介していますので、ぜひ記事作成に役立ててください。

SEOライティングの基本

はじめに、SEOライティングの基本を確認しておきましょう。なぜSEOライティングが必要なのか、目的やゴールをしっかりと理解しておくことが大切です。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、SEO(検索エンジン最適化)を踏まえて記事を執筆することにより、Webサイトを検索結果の上位に表示させるための技術のことです。検索エンジンのアルゴリズムは、ユーザーが有益な情報をできる限り効率よく得られるように構築されています。よって、検索結果に上位表示させるには検索エンジンから高く評価される記事を作成する必要があるのです。そのための技術がSEOライティングであり、Webサイトに記事を掲載する際には業種を問わず求められるスキルと捉えてください。

なぜSEOライティングが必要なのか

SEOライティングが重要視される理由として、「ユーザーの課題解決を図る」必要性が挙げられます。記事を検索上位に表示させるには、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを提供することが求められるのです。

検索エンジンの技術が未熟だった時代には、「キーワードを可能な限り多く詰め込む」「とにかく文字数の多い記事を書く」といった手法が功を奏していたケースも見られました。しかし、昨今の検索アルゴリズムは「ユーザーにとって有益な記事であるか」を評価できる水準に達しつつあります。したがって、記事を検索上位に表示させるには表層的な対策を講じるのではなく、ユーザーが検索を通じて課題を解決できるよう、有益な情報を提供する必要があるのです。

SEOライティングのゴール

SEOライティングのゴールは、「ユーザーニーズに的確に応えること」「ユーザーの態度変容を促すこと」にあります。たとえば、「人生初のキャンプを体験したい」と考えているユーザーに対して、キャンプ用品に関する専門用語を多用した上級者向けの記事を提供しても響かないでしょう。最低限そろえておきたいグッズと、それらの使い方をわかりやすく伝えるとともに、初心者におすすめのキャンプ場情報が添えられていれば、「この情報を元にキャンプへ行ってみよう」といった新たな考えや行動を引き出せます。

このように、ユーザーニーズに最適な形で応え、態度変容を促すことがSEOライティングのゴールです。検索エンジン向けの記事を書くことが最終目的と履き違えないよう注意してください。

SEOライティングを実践する手順

SEOライティングを実践する手順

ここからは、SEOライティングを実践するための具体的な手順を紹介します。勘や経験に頼って書き進めるのではなく、きちんと基礎基本を押さえて記事を作成していくことが重要です。

1. キーワード設計を行う

第一に取り組むべきことはキーワード設計です。キーワード設計とは、ユーザーが記事を閲覧するきっかけとなるキーワードを決めることを指します。

具体的には、まず軸となるキーワードを決め、そのキーワードに関連するキーワードを洗い出していく必要があります。競合サイトのうち検索上位に表示されている記事を参考にしつつ、各種ツールを活用してキーワードを洗い出しましょう。

次に、記事を届けるユーザーの代表者を「ペルソナ」として設定します。ペルソナは「30代男性」といった大きな括りではなく、氏名や職業、ライフスタイル、価値観などを詳細に設定した「特定の一人」として掲げることが重要です。ペルソナ情報を元にキーワードの優先順位をつけ、SEO対策における重要度の順にキーワードを並べていきましょう。キーワード選定については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

2. 執筆前リサーチを実施する

次に、優先順位の高いキーワードから執筆前リサーチを進めます。上位記事の調査を通じて、ユーザーに届けるべき情報のイメージを明確化させていきましょう。

たとえば、上位10記事前後をリサーチした際、大半の記事で触れられている内容は自社の記事でも言及したほうがよいと判断できます。反対に、自社としては伝えたい情報であっても上位記事に記載がほとんど見られないようなら、ユーザーニーズが低い可能性を疑ってください。

3. 見出しを作成する

執筆前リサーチを通じて得た情報を元に、記事の見出しを作成していきます。競合サイトの記事に不足している情報があれば、ユーザーニーズに合っているかを見極めながら補っていくことが大切です。

見出しは記事の骨組みに相当するため、ユーザーの思考に沿っているかどうかも重視しましょう。内容が重複したり、唐突に話題が飛んだりすることのないよう、自然な流れにするのがポイントです。見出しに沿ってペルソナに語りかけた時、不自然な流れになっていないか必ずチェックしましょう。

4. 本文を執筆する

記事の構成が固まったら、見出しに沿って実際に執筆していきます。それぞれの見出しで伝えるべき内容を念頭に置き、ペルソナに向けて情報を届けるつもりで書き進めるのがポイントです。

ユーザーの思考や理解度に合わせて執筆していくことも重要です。たとえば、キーワードに対するペルソナの理解度を踏まえた時、記事内に知らない言葉が突然出てくるようでは多くのユーザーが戸惑ってしまいます。必要に応じて補足説明や用語解説を加えることで、ユーザーがスムーズに読み進められるよう配慮してください。

5. 校正・誤字脱字のチェックをする

日本語として間違った表現や誤字脱字が残っていると、記事品質を低下させる直接的な要因になりかねません。検索エンジンによる評価を下げるだけでなく、ユーザーの信頼を失う原因にもなるため、必ず校正および誤字脱字のチェックを行いましょう。

校正字には目視によるチェックに加え、校正ツールによるチェックを実施することをおすすめします。誤りや読みにくい点があれば修正したのち、仕上げに原稿を音読して不自然な表現がないか確認しておくことが大切です。

6. 効果の測定と分析

記事の公開後は、効果測定を実施することが非常に重要です。記事を内製する場合には、記事作成・公開後の効果測定・分析までをセットで捉えましょう。

実際に効果測定を実施すると、関連性の高いキーワードであっても記事によってアクセス数やCV(コンバージョン:求める成果)に差が生じるケースは少なくありません。順調に成果を挙げている記事の成功要因や、伸び悩んでいる記事の失敗要因を客観的な視点で分析する必要があります。

7. 適宜リライトする

検索順位が想定よりも上がっていかない記事や、CVが発生しない記事については、適宜リライトを行いましょう。リライトとは、記事を加筆修正することを指します。記事を部分的にリライトするケースもあれば、全面的に書き直す必要に迫られるケースもあるでしょう。リライトすべきかどうかを判断する際には、次のポイントをチェックしてください。

・ユーザーが求めている情報が網羅されているか

・ユーザーにとって理解しやすい表現・順序になっているか

・最新情報が反映されているか

・見出しごとの文字数は適切か

・競合記事にはない独自の情報や視点が含まれているか

検索上位を獲得するSEOライティングのコツ

検索上位を獲得するSEOライティングのコツ

検索上位を獲得するには、どのような点を意識すればよいのでしょうか。効果的なSEOライティングのコツについて解説します。

検索クエリとの関連性を重視する

検索クエリとは、ユーザーが検索する際に使用する単語やその組み合わせのことを指します。実際にどのようなキーワードで検索されているのかを、GoogleサーチコンソールやGoogle アナリティクスなどのツールで調査し、ユーザーニーズと記事内容の関連性を確認してください。

たとえば、「煮魚 時短」というキーワードで検索しているユーザーが多いとすれば、煮魚をできるだけ手間をかけずに調理したいという検索意図が想定されます。記事で紹介している調理方法が手の込んだものだったとすれば、ユーザーニーズに合致していない可能性が高いと考えられるでしょう。この場合、より手間がかからず、短時間で調理できる方法へと記事内容を修正する必要があります。

キーワードと検索クエリの認識にずれがないことが確認できたら、キーワードを記事のリード文やmeta descriptionに盛り込んでおくことも大切です。検索エンジンが記事をクロールする際、「ユーザーが求める情報がこの記事に書かれている」と知らせる要素となるからです。

正確な日本語で執筆する

日本語として誤った表現や文法が含まれていると、検索エンジンから低品質記事として評価されるおそれがあるため注意が必要です。よくある誤りの例として、「マーケティングにおいて大切なポイントは、顧客のニーズに応えることが大切です」といった重複表現(「大切」が重複している)や、「もしクラウドツールを導入する際には、ぜひ当社の〇〇をご検討ください」といった呼応の副詞の誤り(もし〜なら、とすべき)などが挙げられます。

文法的な間違い以外にも、リズムの悪い文章になっていないか注意することも大切です。「〜です」といった同じ文末表現が3回以上続くと、単調で読みにくい文章になりかねません。音読した際にスムーズに読めるかどうかを必ず確認しておく必要があります。

コンテンツの独自性にこだわる

キーワード選定時や見出し作成時に競合サイトをリサーチすることは重要ですが、他サイトにも掲載されている情報しか掲載されていないようでは独自性を打ち出せません。競合サイトにはない独自の情報や切り口を意識的に取り入れることが大切です。

たとえば、自社の強みや専門性を活かして競合サイトよりも詳しく記述できる内容があれば、独自性を打ち出すチャンスといえます。ユーザーが記事を読み終えた時、他の記事ではなく「この記事を読んでよかった」と感じてもらえるような内容にすることを心がけてください。

専門性の高さを意識する

キーワードの関連トピックに特化した、専門的価値のある情報が網羅されているように執筆することも重要なポイントです。実際、Googleは記事を評価する際の指標として「E-E-A-T」を掲げています。

EExpertise=専門性):その分野における専門的な情報を提供できているか

EExperience=経験):実体験を反映したコンテンツであるか

AAuthoritativeness=権威性):執筆者や監修者の専門性、被リンクの質や量はどうか

TTrustworthiness=信頼性):信頼できる運営者や記事内容であるか

上記の基準を満たすには、自社が提供可能な専門的で質の高い情報を記事に取り入れていくことが重要です。どのサイトにも書かれているような一般論に終始しないよう注意しましょう。

 共起語をちりばめる

共起語とは、特定のキーワードとともに用いられやすい語句のことです。共起語は一つのキーワードにつき複数出現するケースが多いことから、本文中にちりばめて使うことで検索結果の表示順位を押し上げる効果が期待できます。

ただし、共起語を盛り込むことで文章が不自然になったり、読みにくくなったりするようでは本末転倒です。あくまでも自然な形でちりばめられるよう、あらかじめ共起語を使う見出しを決めておくと執筆しやすいでしょう。共起語は「ラッコキーワード」などのツールでリサーチできるので、ツールを活用して洗い出しておくことをおすすめします。

ユーザーファーストを心がける

はじめにお伝えした通り、SEOライティングのゴールは検索エンジン向けの記事を書くことではありません。ユーザーの疑問や課題を解決できる記事になっているか、常に意識して書き進めていくことが非常に重要です。

たとえば、記事の網羅性を意識するあまり文字数が多くなりすぎてしまうケースが想定されます。この場合、キーワードをより細分化して2記事以上に分けるなど、ユーザーの負担に配慮する必要があるでしょう。ユーザーファーストを意識することが、結果的に検索エンジンから高評価を得ることにもつながるのです。

まとめ

SEOライティングと聞くと、Webサイトにアクセスを集めるための形式的なテクニックという印象を抱く方も多いかもしれません。しかし、今回紹介した通り実際のSEOライティングでは「いかにユーザーに対して有益な情報を届けるか」が鍵を握っています。ユーザーの期待に応える有益なコンテンツを提供できるよう、今回紹介した手順やコツを実践してみてはいかがでしょうか。

SEOライティングにお悩みの事業者様は、マーケティングの知見のある企業に相談するのも一つの方法です。SEOライティングに関するご相談は、ぜひネオマーケティングまでお寄せください。

カチスジ編集部
マーケのカチスジ編集部 マーケティングに関わるすべてのビジネスパーソンにさまざまなテーマから役立つ情報やコンテンツをお届けするWebメディア「マーケのカチスジ」です。2021年に東証スタンダード市場に上場した創業20年超のマーケティング支援会社である株式会社ネオマーケティングが運営しています。
一覧ページにに戻る

ビジネスにマーケティング活動を
取り入れたい方ヘ資料を進呈しています

資料ダウンロード